Products & Service

製品・サービス

RPA導入支援RPAツール「WinActor®」の導入・運用を支援。

RPAとは

RPA(Robotic Process Automation)とは、定型的に行うような事務的作業・業務を自動化する仕組みのことです。人間に代わり、業務ロボットがオペレーションを自動化します。

IDやパスワードなどの自動入力や表計算ソフトへのデータ入力、パソコン画面上の文字・図形・色の判別、インターネットからの情報収集、スケジュール登録や自動実行、蓄積されたデータの整理や分析などの定型業務やルーチンワークを代行できます。

RPA

RPA導入で期待される効果

24時間365日稼働で業務の効率化

RPAのロボットは24時間365日稼働することができ、費用対効果は抜群です。
それだけでなく、ルール化できる作業をRPAが担うことで、人間はより創造性が必要な業務や属人性を求められる業務、コミュニケーションが必要な業務など、「人間にしかできない仕事」に集中することができます。

ロボット代行による人的コスト削減

一般的には、RPAの適用によって従来のマンパワーに比べて25~50%のコスト削減が実現できると言われています。
また、RPAは時間や曜日が関係なくいつでも作業が可能であり、設定次第で決められた日時に作業を実行することもできます。つまり、日々の作業工数削減・残業削減・休日出勤不要となり、人件費削減につながります。

人的ミスの削減による業務精度の向上

人が長時間データ入力作業をすると、集中力を欠きヒューマンエラーが起こりやすくなります。
一定のルールに基づいて行われる作業には、RPAを導入することで人為的なミスを大きく減少させることができます。

RPAツール「WinActor®」とは

RPAツール「WinActor®」は、NTTグループで研究・利用を続け、技術とノウハウが詰まった、業務効率を支援するソフトウェア型ロボットです。
Windows上で操作可能なアプリケーション、個別の業務システムを利用した業務をシナリオ(ワークフロー)として学習し、ユーザのPC業務を自動化します。

マウス操作で簡単にロボット作成可能!

2010年にNTT研究所で生まれた純国産RPAソリューションであり、日本語画面を完備。直観的に操作可能な画面で専門知識は不要なため、誰でも簡単にロボットが作成可能。

自動化できるアプリケーションが豊富!

Excelやブラウザ、個別の業務システム等、Windows端末から操作可能なあらゆるアプリケーションを自動化。

スモールスタートに最適!

サーバ不要でPC1台から導入可能。導入方法はインストールするだけ。

一般的な支援内容
(ご参考)

  • 調査フェーズにおける情報収集の支援
  • 導入検証フェーズにおけるWinActor®(トライアル版)のセットアップ、初期設定
  • 導入検証フェーズにおける業務分析支援、ロボット作成支援
  • 導入検証フェーズにおける運用ルール作成支援
  • 導入フェーズにおけるWinActor®(製品版)のセットアップ、初期設定
  • 導入フェーズにおける業務分析支援、ロボット作成支援、運用ルール作成支援
  • 運用フェーズにおけるロボット管理支援、その他監視支援

※支援の内容は、調査、現場ヒアリング同行、ひな型(成果物のベース)の作成、成果物のレビュー、説明会・研修の実施となります。(製品(WinActor®)に関するお問い合わせはライセンス費用に含まれます。)

導入事例

Before / WinActor®導入前

① 旅費申請書作成
② 旅費をWeb検索
③ 社内システム登録
④ 集計・Excel作成
⑤ 承 認
⑥ 管理部門にメール送信

After / WinActor®導入後

① 旅費申請書作成
② 旅費をWeb検索・申請書反映 / ③ 社内システム登録 / ④ 集計・Excel作成
⑤ 承 認
⑥ 管理部門にメール送信

導入ステップ

1. 調査
  • ツール調査
  • RPA対象業務調査
  • RPAに関する情報収集
2. 導入検証
検証準備
  • 検証時運用ルールの作成
  • 検証用ロボットの作成
  • 導入検証するツール選定
  • 導入検証する業務選定
  • 検証
    • 検証用ロボットの実行
    • 検証用ロボットの効果測定
    • 検証用ロボットの課題整理
    3. 導入(部分導入・全社導入)
    部分導入
    • 導入する業務選定
    • ロボットの作成
    • 運用ルールの作成
    • ロボットの実行
    • 導入後の課題整理
    全社導入
    • 部分導入と同様のタスクをサイクルする
    4. 運用
    • ロボット管理ほか運用監視

    参考価格

    年間ライセンス費用
    (サポート込・税別)

    WinActor® フル機能版(シナリオ作成機能、実行機能) 908,000円/年
    WinActor® 実行版(実行機能のみ) 248,000円/年

    ※シナリオ(ロボット)を作成する管理用PC1台にフル機能版1ライセンス、ロボットが動く実行用PC1台に実行版1ライセンスが必要となります。管理用PCでもロボットは実行出来ます。

    ※年間ライセンスは定価

    お電話でのお問い合わせ

    株式会社TSSソフトウェア
    第二システム開発部 担当/ 有田
    082-256-0320(代表)

    メールでのお問い合わせ

    必要事項をご記入の上、送信してください。

    お問い合わせはこちら